3つの特徴

その1:撮る

-サロン内でのお客様の写真撮影が楽になります-

サロン内でお客様の写真を撮る時に一番気を付けたいのは、後々「比較し易い」事です。

何も考えずに写真を撮影すると、被写体までの距離や角度、カメラの位置などで、写真の比較は困難を極めます。 あくまでも、お客様に施術前、施術後の「証拠写真」として写真を撮るのであれば、同じアングル・距離・角度には気を付けて撮影したいものです。 そこでK.I.S.S.では、被写体を同じ条件で撮影できる工夫(機能)が予め備わっております。

明るさ(光源)に関しましては、撮影時の環境下に左右されますが、 「同じ大きさ」「同じアングル」の写真を撮影できるだけで、 写真を「比較したい!」というニーズにあった撮影が簡単になりました。

その2:比べる&見せる

-ビフォーアフターの写真がすぐにお客様にお見せできます-

例えば、施術を受けたが「痩せたのかどうか解らない」「シミが薄くなったとは思えない」とお客様からクレームを頂く事があります。 そんな時に、「証拠写真」でもある写真カルテを開き、施術前と施術後の写真を比べて対応する事で、明らかな違いをお客様にご説明する事が可能になります。

お客様が「今の自分が全て」と思いこみがちで、昔の自分を忘れてしまうという事は多々ありますので、 予め、サロン側では効果があった事の「証拠写真」を利用して納得頂く。 という事も重要です。

その3:残す

-お客様ごとに写真を管理できる-

ご来店中のお客様に、過去の写真を見せたり、今回の施術前、施術後の写真を見せたりする事は、意外に手間がかかっていました。

K.I.S.S.では、お客様をすぐに検索でき、過去の日付からさかのぼって「すぐに写真を取り出せてお見せする事が可能」となります。 同時に、MEMOやタグを付けて、タグ単位で写真を取り出せる事が可能です。

例えば「施術前」や「施術後」、「フェイシャル」「全身」などのタグを作成し、沢山の写真を撮影したとします。 その中から「フェイシャル」だけの写真を時系列で取り出したい!という時には、あっと言う間にご希望の写真を取り出す事が出来ます。


3つの安心

その1:持ち出しできないから安心

-そもそも画像が持ち出せない!-

データが iPad には保存されずセキュアなサーバーに保管されるため、iPadに写真データが残りません。 よって、大切なお客様の情報が外部に漏洩する心配が無いので安心です。

その2:個人情報と紐付かないから安心

-個人情報のリスクを消す事-

お客様の写真は、名前 / 番号だけで管理します。住所、電話番号などの他の個人情報とは紐付かず、 また、顔写真は目隠し線を入れる事もでき、第三者に個人を特定される事が極めて低いので安心です。

写真は個人を特定できる情報であり、個人情報以上に肖像権やプライバシーに突起した情報となりますので、 出来れば目隠しなどで更に個人を特定できない画像にした方が、より安心です。

その3:システムで守るセキュリティ

-セキュリティは人の意識と優れたシステムが必須条件です-

セキュリティに必要な事は、セキュアな環境をいかに構築するか?またその環境を、人がどれくらいの意識で運用するかにかかっています。 K.I.S.S.では、システムでセキュアな環境を提供するだけでなく、以下のセキュリティの防犯3大要素を「人に促す」事で、セキュアな運用を手助けします。

セキュリティの防犯3大要素

防ぐ

K.I.S.S.では、管理者サイトを別途提供しています。管理者サイトではID/PASSの発行など、K.I.S.S.の運用に必要なコントロールが備わっています。 管理者を意図的に複数設定し、運用する事もセキュリティ的に重要な運用方法です。

気づく

K.I.S.S.では、重要なアクションを起こした場合、管理者に通知する機能を備えています。 ありがちなシステム管理方法では、管理者イコール一人という認識を持っている方がおられますが、 管理者は必ず複数人設定する事で、相互監視され、勝手な行動が出来なくなる。という環境作りがとても大切です。

気をそぐ

K.I.S.S.の運用では、ご利用者(スタッフ)毎にID/PASSを発行する事を強くお勧めしています。 「誰がいつログインして何をしたか?」という形跡を押さえる事で、もし事件が行った時の備えも出来ますが、 それ以上に「未然に防ぐ」という防犯の為に、「見張られている」という事を、相手に意図的に伝えるという事が非常に重要です。


K.I.S.S.を安全に特化したアプリにした理由

お客様の写真漏洩に繋がりにくい管理体制を実現
K.I.S.S.は、お客様の写真を撮影し、簡単に写真カルテを作成できる便利なアプリとしての機能だけでなく、最も重要なセキュア機能が備わっています。

サロンに通われるお客様の「写真」は、お客様が絶対に他人に知られたくない「秘密の写真」です。 ところが、多くのサロンでは、その「お客様の秘密の写真」を、どこに保存したのか?誰が管理しているのか?といった基本的な安全性すら守られていない環境であったりします。

K.I.S.S.の開発者が一番重要視して、取り組んだ機能が「セキュアで有る事」。

K.I.S.S.で写真撮影しても、撮影したiPad上には写真が保存されません。 撮影する度にセキュリティ上管理されているserverに随時保存され、取り出す時もこの一元化されたserverから呼び出されて表示しています。 

ただし、セキュリティに「完全」という状態は存在しません。 

あくまでもご利用者のサロンで「セキュリティに気を付ける準備」と「心構え」が必要になる事は勿論の事です。 

セキュリティに気を付けたくても「写真画像」がデジタル化された今日となっては、 便利さ以上に、その扱いに細心の注意とコストを掛けなくては、お客様の機密事項を守る事は出来ない世の中であり、 一旦情報が漏れてしまえば、大切なあなたのサロンの経営すら危ぶまれる事は言うまでもありません。


こんなサロンは危険がいっぱい

お客様の写真が様々な端末に点在しており、把握も出来ていない

持ち出されたら大変な事になる、セキュアな写真画像がもはやどこに保存されているのかも解らない状況ではありませんか?

デジカメ、iPad、iPhone、PCなど、保管場所すら把握できていないサロンでK.I.S.S.を導入頂くと、 お客様の大切な写真は、管理されたserverに一元化されて保管され、ID/PASSを持っているスタッフしかアクセスできなくなります。 serverに保管された画像は、K.I.S.S.を利用しないと閲覧できませんので、K.I.S.S.のユーザー管理をしっかりすれば安心してお客様の写真をお預かりする事が可能になります。