顧客登録

写真撮影をする前に、顧客登録が必要となります。 顧客を見分ける方法として、「氏名」と「顧客No」の2つの項目を準備しています。 顧客管理システムをご利用のサロンでは、「顧客No」を利用しての管理の方がお勧めですが、 入力ミスによって違う顧客のカルテに写真を撮影してしまうといったミスが起こらないように「氏名」の入力もできるようになっています。 写真カルテを取り出す時には、この「氏名」もしくは「顧客No」で検索が可能です。

写真一覧

撮影したお客様の写真を、日付順に閲覧する事が可能です。 写真点数が多いサロンでは「タグ」を写真に登録する事で、 「タグ」単位で写真が閲覧できるようになりますので、「タグ」を有効的にご利用下さい。
※タグは管理者画面から簡単に作成できます。

写真撮影 UPDATE!

写真撮影で最も重要な事は、カルテとして利用する為に、過去の写真と比較し易い写真を撮影する事です。 その為にカメラ撮影モードの画面には、十字の目盛りを設けています。 どの目盛りに被写体を合わせるかを決めておけば、同じ大きさの写真が毎回撮れるようになります。 更に、前回の写真のサイズやアングルが解らない場合は「前回の写真を表示」して撮影する事も可能です。 前回の写真がカメラ画面に薄っすら表示されますので、それを参考に撮影して下さい。 ※光源などは環境に影響されますので、なるべく同じ部屋で、同じ光源の環境下で撮影される事をお勧めします。

写真加工 UPDATE!

写真の明度・彩度を変更したり、写真に手書きの情報を書き込んで保存する事も可能です。 お客様に注目頂きたい箇所を手書きで書き足したり、写真自体をよりセキュアな情報にする為に、お客様の目隠し線を入れたりする時に有効的です。 ※写真加工される場合、保存の仕方によって加工後の写真のみ保存されるかもしれませんので、原盤を残したい場合は必ず写真のコピーをしてから加工を行ってください。

写真のコピー

撮影した写真をコピーできます。
写真の加工に使う前にご利用下さい。

写真の合成

前回の写真と、今回の写真を合成する事が可能です。 2つの写真が重ねて表示されますので、痩身などで「どれ位ウェストが引き締まったか?」などを比較する時には有効な合成が可能になります。 合せる写真の「濃度」「角度」「サイズ」は変更が可能です。 合成の状態で写真を保存すれば、合成写真としてもカルテに残せます。

プリント

指一本、わずか数タッチでプリントアウトが可能!急いで印刷したい時にとっても役立ちます。 iPadから印刷が可能な AirPrint 対応プリンターが必要となります。

写真の比較保存

前回の写真と、今回の写真を2枚の写真を横に並べて保存できます。 左右で見比べが出来るので、写真の合成と使い分けお客様に提示することができます。

写真の削除

写真の削除が簡単に行えます。 削除した写真は削除後30日間は、管理サイトの写真ゴミ箱から復元可能です。

登録情報変更

s

登録したお客様No、お客様名の変更が行えます。 お客様がご結婚されて姓が変わった時などにご利用下さい。

グラフデータの登録と表示

グラフデータを登録することで、グラフの表示が可能になります。 お客様に成果を目で見える形でお見せすることができます。 ※項目は管理者画面から簡単に作成できます。

スライドショー

お客様の写真の一覧をスライドショーで閲覧することができます。 日付や写真タグで写真を絞り込んだ状態でスライドショーを表示することもできます。

お客様検索

お客様の検索を「お客様No」または「お客様名」を入力し、検索ください。 店舗設定をされている方は自店、全店で検索を行うこともできます。 ※店舗設定は管理者画面から作成できます。